NIPPON JUKEN

家族を守る耐震構造へのこだわり。

モデルハウス
ショールーム
資料請求

Structure
耐震へのこだわり

耐震へのこだわり

 

1強度・耐久性・機能性を追求したストローグコネクタ

柱や梁の断面欠損を大幅に減らし、
一般工法の1.5倍から3倍の耐力を実現!

従来の工法では、接合部の加工で木材を削ってしまい、接合部の断面積は本来の木の太さよりも小さくなってしまいます。この「断面欠損」が、強度を弱くする要因にもなっています。
日本住建の採用する、ストローグという金物工法では、この断面欠損を最小限に抑えることができるため、木本来の強さを生かした構造で、地震・台風などの揺れに対して強い家を実現します。

従来の
工法
断面欠損率
約52%

約10分の1

ストローグ
工法
断面欠損率
5%

強度試験により強さを実証しています

その他にもこんな特徴があります
  • 接合部が隠れるので
    木材の美しさを
    生かしたデザインが可能!
  • 結露対策による
    カビ・腐り防止と
    断熱効果
  • 建物崩落への耐久性
    (火災時の安全性)

 

2耐震だけではなく、
「制震」という最新技術を制震ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」

耐震だけではなく、
「制震」という最新技術を。

  • 耐震

    柱・梁・壁などの強度で地震に対抗する。
    揺れに「耐える」地震対策

  • 制震(MIRAIE)

    揺れを吸収する装置で地震に対抗する。
    揺れを「制御する」地震対策

MIRAIE(ミライエ)を装着すると、
こんなメリットがあります
  • 1

    本震だけでなく、繰り返す余震の揺れを吸収することで
    補修費用発生リスクを抑えます。

    建物によって効果は異なりますので、邸別に解析を行わせていただきます。

    ※ 実大振動台実験の結果による

  • 2

    経年耐久性90年で、メンテナンスフリー

    住友ゴムの積み重ねてきた技術により、高減衰ゴムの性能維持、ゴムと鉄板の確かな接着を確認しております。

    ※ 促進劣化試験の結果による

  • 3

    基礎から緊結しているので、効率的に揺れを軽減できます。

    アンカーボルト緊結により、効率的に揺れを軽減できるだけでなく、強い引抜力にも耐えられます。

阪神淡路大震災レベルの揺れに
「MIRAIE」はどれだけ耐えられるのか?
実大振動台実験の映像をご覧ください。

結果1地震の揺れを最大95%軽減します。

BSL波(建築基準法で規定されている大地震波)および
JMA神戸波(阪神・淡路大震災)を使用。

建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定した結果、MIRAIE 装着の場合は33.8mm、MIRAIE非装着では125.6mm以上(変位計が振り切れたため数値以上の測定不能)という結果が得られました。
これによりMIRAIEが最大70%の揺れを低減することが実証されました。

結果2MIRAIEは繰り返し来る地震に
効果を発揮します。

 

3地震・台風に強いモノコック工法

点で支える筋交い(在来工法)と、
面で支える耐力面材
(モノコック工法)

木造住宅は柱が太いからと言って、耐震性が高いわけではありません。真上からの重さには耐えることができますが、地震の横揺れや台風など、横からの力が加わると、点で支えている柱は結合部に力がかかり、ねじれてしまいます。
そのため、歪みが生じて倒壊へと繋がってしまうのです。

  • 一般的な在来工法

    外力の加わり方によって建物がねじれやすい。

    筋かい

    局所的に力が集中し、破壊されることがあります。

  • モノコック構造

    6面体すべてで外力に耐えるので、横からの力に対する抵抗力が向上。

    耐力面材 ダイライトMS

    力が一点に集中することなく、全体で力を受け止めるので壊れにくい構造です。

実物大実験で震度7の揺れにも
倒壊しない強さを実証!

今の時代、面材が地震に強いのは当たり前。
火災や湿気・シロアリからも家を守る、
無機質素材からできた耐力面材「ダイライト」

優れた防耐火性能
地震で怖いのが、二次災害の火災

阪神・淡路大震災では、多くの火災が発生し、7,500棟以上の家が被害を受け、多くの方々が亡くなられました。発生した火災から自宅を守るため、また自宅が火元となった場合に他に燃え広がるのを防ぐには、耐震性能だけではなく、火を寄せ付けず、中の火を外に出さない「防耐火性能」が重要です。

木質系耐力面材との比較加熱実験で、
ダイライトMSの燃えにくさを
実証しました。

防湿・防蟻による耐久性
腐朽・シロアリによる耐力低下を防ぐ

必要量の耐力壁を作っても、壁の耐力を作る材料が木質であれば、結露によって含水率が高まり、腐朽やカビが発生したり、シロアリのターゲットになってしまいます。ダイライトMSは無機質素材からできており、湿気を通し腐れやカビがなく、シロアリの食糧にもならないため、年数を経ても耐力が下がることはありません。

優れた浸透性で結露を抑えます。

沸騰するお湯の上に「ダイライトMS」と「合板」をかぶせ、その上にガラスボウルを伏せて透湿性能を実験しました。

ダイライトMS

構造用合板

1分30秒後、ダイライトMSを通った水蒸気がガラスをくもらせています。

ダイライトMS

構造用合板

白蟻食害試験(イエシロアリの場合)

ダイライトMSはシロアリの食糧とならないのでほとんど死滅しました。

※京都大学木質科学研究所測定。測定方法は(公社)日本木材保存協会測定第11号の総合試験に準拠して行いました。

©nippon juken. All Rights Reserved.