愛知・三河(安城市・岡崎市・西尾市)の注文住宅なら日本住建

肝心なのは「どんな人たちが建ててくれるのか」。日本住建さんとの建築は、建て始める前も建てている間もとても楽しく、本当に「自分の家」という感じでした。

肝心なのは「どんな人たちが建ててくれるのか」。日本住建さんとの建築は、建て始める前も建てている間もとても楽しく、本当に「自分の家」という感じでした。

常滑市T様

Q.家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

長男のカフェが開け、前の家で15年続けたジャズのミニライブを継続・発展させられるスペース、夫婦の趣味になった郷土玩具や招き猫の展示スペースが欲しいということでした。

Q.まず、何からはじめましたか?どこかに行きましたか?調べましたか?

前の家が軽量鉄骨+発泡コンクリートだったので、漠然と「木の家がいいなあ」という気持ちから、展示場巡りから始めました。
しかし当時「木質系住宅」と「総檜の家」の区別もできていませんでした。
大手住宅メーカー・天然木の家のメーカーなどたくさん見て回るうちに基礎や土台・床下など基本構造や気密性・断熱性に興味を持ったりしました。

Q.日本住建で家を建てる前はどんな所にお住まいでしたか?

20年ほど前に建てた軽量鉄骨+発泡コンクリートの二階家です。

Q.日本住建を最初に知ったきっかけを教えてください。

3~4年展示場巡りをした後、ようやく土地が見つかったのですが、いざという時に「デザイン性」「居住性」「経済性」のすべてが成り立つのが難しいことに気づき、大手メーカーでなく、もう少し規模の小さい工務店も考えなければ・・・と思った時、数年前に見た、地元の工務店さんの個性的なモデルハウスがあったことを思い出し、早速展示場に行きました。
それが日本住建さんのモデルハウスだったわけで、最初の時は「ちょっと変わったデザイン」という程度で流していました。

Q.初めて知ってからショールームやモデルハウスの見学までどれくらい時間がありましたか?

数年前行ったときはさらっと見ただけで、2~3年経過していました。

Q.初めて日本住建の家を見た時、どのように感じましたか?

改めてモデルハウスの外観を見て「あっ!いいな、このまま我が家(店舗兼住宅)にしてもいい!」と思いました。
このままお店にしても洒落てるし、うちのテイストにぴったりで、たくさんたくさん見てきた中で、初めてピンときたという感じでした。
外観・内装などの見た目だけでなく、その時初めて日本住建展示場の方(その後の担当営業さん)と話をしたのですが、「重箱の隅」的な私と女房の質問にも丁寧に、しかも私たちが納得できるように答えてくれ、一気に「話を進めてもいいかも」と思えました。
また、建築デザイナーさんと直接お話ができるというのが大きなポイントでした。

Q.日本住建以外にも住宅会社はたくさんあります。他の住宅会社と日本住建の違った点があれば教えてください。

まず展示場での営業の方がとてもしっかりしているなと思いました。
中小のメーカーの営業さんははっきり言って素人で、私たちの方が詳しいくらいでしたから。
担当になった営業さんは家のこと全般に詳しくて、当時疑問を持っていた基礎・土台や構造のことも詳しく説明してくれました。
大手メーカーはパターン化していて、「あっ、○○の家」とわかりますよね。
日本住建の自由設計は規格品ではなく、本当に自由で建て主の希望を叶える家だと思いました。
専属の大工さんが施工してくれるというのも安心で良かったです。
建築現場もたくさん見に行ったのですが、頼まれた大工さんやアルバイトさんが来ていると感じるところもありました。
そして現場監督さんがしっかりしているのが、最も「住建にしてよかった」と思えたことでした。

Q.家づくりが始まってみて、契約前の印象と何か違う点はありましたか?

契約してから本格的に設計や打ち合わせが始まりましたが、むしろ契約後、住建さんがしっかりした会社だということに気づかされました。

Q.実際に住まわれて一番変わった事を教えてください。

店舗ができ、ジャズやクラシックのミニコンサートを開催しているのですが、想像できなった程いい音響で聴けるようになりました。
木造そのものの効果・床の木・壁の木のブロックなどの効果のようです。
生活の方は「何かが変わった」と思えない程自然な感じで、初日から違和感がありませんでした。

Q.お住まいの中で特に満足している箇所やお気に入りのポイントがあったら教えてください。

あげるときりがないのですが、お風呂に木(青森ひば)を張ってもらったり、床に無垢材を張ってもらったり、「身近に少しでも自然の木を」という希望が叶えられています。
屋根裏や梁が無垢材なのも素晴らしいです。
図面ではわからなかった良い点が多く驚かされました。ともかく快適なんです。
暗いとか風通しが悪いという嫌な場所が家の中にないんです。どんな小さなところにも。
北側でも外に面していないトイレなどもトップライトで日当たりがあるし。
日が差し込み明るくて気持ちがいい2階のサンルーム。
洗濯をして干したりベランダに出したり、畳んだりできる10畳くらいのスペースですが、リビングや各部屋を結ぶ「家族みんなの交差点」「家の広場」のようなところで、ペット猫のモモもお気に入りの場所。
気取らない場所なんだけれど、手を抜かずにステキに作ってもらえました。
それになぜか散らかっていても素敵なんです。洗濯ものが出しっぱなしでも、ティッシュの箱が出ていても素敵。

Q.今、住宅会社を選ぶのに悩んでいる方に何か一言お願いします。

会社の名前や宣伝ではなく、自分の家に何を求めるのかをはっきりさせるのが基本だと思います。
そのためには見た目の良さで判断せず、構造のことなどを勉強してみるといいのではないでしょうか。
そして肝心なのは「どんな人たちが建ててくれるのか」。
日本住建さんとの建築は、建て始める前も建てている間も、とても楽しく、本当に「自分の家」という感じでした。
一生のことなので、そんな家づくりができる会社がいいですね。
日本住建さんはお薦めですよ。

このお客様の施工事例を見る

無垢材があふれる店舗併用住宅

無垢材があふれる店舗併用住宅

常滑市 T様邸

詳しく見る

詳しく見る

  • 来場予約
  • カタログ無料プレゼント